JUGEMテーマ:育児



2日目から授乳を助産師さんと一緒に練習することに。
この病院は基本母乳で育てられるよう指導してくれます。

衝撃の事実だったのが、
私の乳首があまり出ていないということ。
程よく出てる方やと思ってたのに、これ以上乳首って伸びるの…Σ(゚Д゚ )
一応赤ちゃんは吸ってくれました。
が、めちゃくちゃ乳首痛い…( ;∀;)
イメージしてた授乳と全然違う。
もっと穏やかに授乳できるもんかと思ってたのに、
実際は
あいだだだだ!!ちょ!離して!離し…いだだだ!!離すのも痛い(;ω;)

そして、母乳は出ているのにあまり飲めていないのか、おっぱいは張りまくり。
赤ちゃんはお弁当をある程度蓄えて生まれてくるので、生まれたてはそんなに飲まなくても大丈夫なんだそう。
でもさすがに3日目には夜中泣きまくって、困っていたら助産師さんがミルクあげてくれて、めちゃくちゃよく寝れた!けど、おっぱいカッチカチに…orz
さすがにこれではいけないと、スパルタ母乳指導。
痛いけど我慢できる痛さ(どこまで我慢すれば…??)を耐えていると、我が子から「ゴッキュンゴッキュン」という音が!!
授乳室にいた別のママ(3人目の子を出産)も、「そんな音出る?www」って驚くくらい^^;
お腹すいてたんやねぇ、ごめんね。
それから痛いのは痛いけど、おっぱいがふやふやに柔らかくなるくらい飲んでくれるように!

それは良かったのですが、次は飲んだおっぱいを吐き戻すように…
げっぷさせるのも下手でなかなかできない。
助産師さんは
「赤ちゃんは吐くものやから気にしなくて大丈夫。げっぷも絶対させないといけないわけではないから出なかったらそのまま寝かせていいよ。吐瀉物を喉に詰まらせるのが怖かったら、体の右側を下にして寝かせてあげるといいよ。」
というので、少し安心。
なにせ初めての子。シャックリしただけでおろおろしちゃう。


そんなこんなで、授乳もなんとか一人でできるようになり、入院6日目で退院。
実際、授乳以外のことは何も分からないままの退院で心配はありましたが、その足で実家に帰るので困ったら母に頼れば大丈夫そう。

退院日がGW最終日だったので、それまで毎日旦那が通ってくれて、洗濯物や必要なもの買ってきてくれたりとすごく助かりました。
ホンマ空気読んで産まれてきてくれた、親孝行な息子や…

ちなみに、子どもの名前は優柔不断な旦那がうんにゃらうんにゃら言ってたけど、出産2日目には無事決定しました!
日記では、候補にあげてたけど字画的に良くなかった「はじめ(朔)」とでも呼ぼうかと思います。
5/1やし、令和初日やし、我が家の初めての子やしでいいと思ったんやけどなぁ(´・_・`)

はじめちゃん、初心者同士これからよろしくね!




にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

  広告

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

広告

ケノン:旦那で実践中

楽天市場

マイネオAプランでiPhoneSE利用中☆

日本ブログ村

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM